つけまつげクレンジング技!つけまのり(接着剤)を落とす方法

最近はオシャレなつけまつげをしている友人が多くいます。つけまつげを利用している中で、つけまつげ用の接着剤にアイラッシュフィクサーを使っている人は多いです。アイラッシュフィクサーは、超強力なつけまつげ接着剤でCancamの専属モデルが使っている人気のアイテムです。

つけまつげの糊は強い方が取れにくいので一見良さそうに見えますが、メイク落としの時につけまののりが残ってしまうことが多いです。メイク落としの際に自まつ毛も取れてしまうという悩みをもっている人は多いのではないでしょうか。

瞼に接着剤が残らないように、ポイントメイクリムバーという目元専用のリムーバーで集中的に行うことがオススメです。全体のメイク落としはオルビスのクレンジングリキッドを使い、目元はポイントメイクリムバーでケアをする方法が1番オススメです。

1番のNG行為は、つけまつげののりを強引に取ろうとすることです。まぶたの皮膚にも悪影響を与えるので絶対にやめましょう!最初にコットンをお湯につけてから、湿らせたコットンを瞼の上に乗せて1分程度かけてから剥がすことも効果的です。

クレンジング料はオイルタイプやクリームタイプなどがありますが、私はリキッドタイプのクレンジングアイテムを愛用しています。つけまつげをしたり、まつげエクステをしたり色々と試行錯誤をしていますが、スキンケアをしっかりすることが大事だなって改めて実感しました。

特に私は敏感肌なので、季節の変わり目や紫外線による日焼けなどで肌がボロボロになってしまったり、大人ニキビができて凸凹することもあるのでしっかりと保湿ケアをしないといけないのです。

お肌が弱いのでクレンジングアイテムはオルビスのクレンジングリキッドを愛用しています。オイルフリーなので刺激が弱くて、使い心地が良いです。メイクの汚れもしっかり落とすことができるので使ったことがないひとは是非試してみてください。(参考サイト:まつげエクステクレンジング法 マツエクを長持ちさせるには?

まつげエクステ用美容液

アナタはまつげエクステ用の美容液は何を使っていますか?まつげエクステを長持ちさせるためには、美容液を使って大事にケアすることが大事です。まつげエクステを装着したサロンのスタッフに聞いてもよいと思いますが、私がオススメする美容液について紹介します。まつげ美容液NEWプロビューティーラッシュが特にオススメです。まつ毛と眉毛の美容液に使えるビューティラッシュもオススメです。なお、まつげ美容液は自分に1番合うアイテムを使うことがベストです。もちろん、人によって相性があるので、アレルギーを起こすなどの症状が起きる場合は使用するのを控えましょう。美容液をつけることでアイメイクで傷んだまつげをしっかりとケアすることができます。まつげを伸ばして増やすことで、目力がアップします。せっかくつけたまつげなので、より長く濃くしたいですよね。最近では、リバイタラッシュやスカルプDのまつげ美容液が人気沸騰中のようです。まつげエクステを愛用している方は、しっかりと美容液など使ってケアをしないと、トラブルが発生する可能性があります。角膜を傷つけたり、マツエクが目に入ってしまい視力低下を招くなど、マツエクをつけたことで悩みをもつ人も多い傾向にあります。マツエクの接着剤やクレンジング料が目に入ったり、洗顔時に強くこすり過ぎて眼に小さくても傷ついた場合は、専門医に相談してみることをオススメします。まつげエクステをつけて、目がパッチリしたのに、トラブルに遭ってしまったら意味ないですよね。

メイク落としにオススメのクレンジング剤

メイク落としの化粧品はなにを使っていますか?クレンジング料を選ぶ時のポイントは、自分の肌に合っているかどうかです。まず自分のメイクの濃さを理解する必要があります。メイクアップ料をしっかりと洗顔して落とすことが重要で、メイクの汚れが毛穴に詰まったり、すすぎ残しが原因で大人ニキビになることもあります。平日と休日でメイクの濃さが違う場合は、平日と土日でクレンジング料を変えて使うことが重要です。濃いメイクの時は、オイルクレンジングでしっかりとメイクを落とし、休日などのメイクが薄いときは、オイルフリーのリキッドタイプのクレンジングを使うなど、しっかりと使い分けることがオススメです。

  • ウォータータイプクレンジング
  • オイルタイプクレンジング
  • クリームタイプクレンジング
  • ゲルタイプクレンジング
  • ジェルタイプクレンジング
  • ノンオイルタイプクレンジング
  • バームタイプクレンジング
  • ミルクタイプクレンジング
  • リキッドタイプクレンジング

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングはお肌に優しく、オイルタイプはお肌に刺激が強いなど、クレンジングのタイプ別によって肌への刺激が変わってきます。乾燥肌、オイリー肌、混合肌、ニキビ肌、敏感肌、アレルギー肌など肌質もひとそれぞれなので、自分の肌に合った化粧品を使うことがベストです。

  1. DHC薬用ディープクレンジングオイル
  2. ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD
  3. フェヴリナ ウォータークレンジングジェル
  4. セラムデュー アクアクレンズ
  5. マナラホットクレンジングゲル

最近は上記のように新しいクレンジング商品が続々と登場しています。もちろん年代や肌質によって使い分けることが重要ですが、色々と試してみないとどのクレンジング商品が1番自分にピッタリかは分かりませんよね。トライアルセットなどで試してみるとよいかもしれませんね。

オイルカットスキンケアのオルビスユーが新登場

オルビスユー

オルビスから新商品がリリースされました。「オルビスユー」(ORBIS=U)という次世代のスキンケア商品です。オイルカット100%の化粧品なのでお肌に優しく、使い心地がよいと評判が高まってきています。以下の商品がリリースされています。

  • 1週間トライアルセット
  • ブライトニングジュレウォッシュ(120g)
  • モイストアップローション(180ml)
  • デイメモリーモイスチャー(30g)
  • ナイトメモリーモイスチャー(30g)
  • ウォームアップセラム(25ml)

特に注目したい商品は、ウォームアップセラムです。化粧水の前に使うことで肌をほぐし美容成分のお肌への浸透を助けるという先行型美容液です。体験者の声として、『べたべたしないのにしっとりモチモチ』と評判です。

乾燥やたるみ、毛穴などお肌の悩みは多くあります。また生理や季節の変わり目によって肌トラブルに悩む20代30代の方は多いです。この時期は花粉が飛散する時期で、毎年花粉症が原因で肌トラブルに遭う女性も年々増えている傾向にあります。

またキャリアウーマンが増えて、日々ストレスを抱え込んだり、睡眠不足になって体調を崩したりと、お肌に悪影響を与えることが多い環境になってきているといえます。生活習慣の乱れからホルモンバランスがくずれ、毛穴の黒ずみや大人ニキビを発生させます。大人ニキビの原因は乾燥です。クレンジング後は、しっかりと肌の乾燥を予防するためにセラミド配合の化粧水を使ったりして、保湿ケアをすることが重要です。しっかりとスキンケアを行って春を迎えたいものですね。

マツエクの化粧落とし方法

まつげエクステを長持ちさせるためには、メイク落としが鍵を握ります。できるだけこすらなくて馴染みがよいクレンジング料を使うことが大事です。オイルカット100%やオイルフリーと呼ばれるクレンジング商品がオススメです。界面活性剤の配合量が多いと、マツエクの接着剤の油分と水が合体してマツエクが取れやすくなってしまいますので注意が必要です。

マツエクのメイク落としては、最初に手のひらにクレンジングをとり、アイメイクから落としていきます。瞼の上から優しくなぞうようにしてメイクを落とします。その後、ベースメイクを落とします。マツエクを横方向に強くこすってはいけません。優しくメイク汚れを洗い流しましょう。マスカラやアイラインがうまく落とせる場合は、綿棒を使って汚れを取り除きましょう。洗い流すときも、ぬるま湯で優しくメイク汚れをすすぎましょう。その後、ドライヤーの冷風でまつげエクステを乾かすことがポイントです。下から風を当てて乾かしましょう。

マツエクの化粧落としでオススメのクレンジングアイテムは、オルビスのクレンジングリキッドかフェヴリナのウォータークレンジングジェル、ラサスのウドエッセンスリキッドクレンジングがオススメです。これらの化粧品はオイルが一切含まれていないので、マツエク愛用者に好まれて使われるクレンジング料です。

オイルクレンジングはエクステがポロポロと抜け落ちる可能性があるので、もしウォータープルーフのメイクをしていて、オイルフリーの化粧品ではメイクの汚れが残ってしまうと思うなら、目の周りだけオイルフリーを使い、その他をオイル系のクレンジング料を使うという方法もアリです。その場合、洗顔中にオイルクレンジングがマツエクに触れないように配慮しましょう。

アイライナーやアイシャドウなどで濃いメイクをしている方でも、肌への刺激が弱いオイルフリーのリキッドクレンジングで十分メイク落としを実現させます。私が1番愛用しているアイテムは、オルビスのクレンジングリキッドです。ヒアルロン酸等の配合成分の30%以上が保湿成分なので、洗い上がりがしっとりして肌を乾燥から防ぎます。乾燥肌でお悩みの方にぜひ使って頂きたいです。